自分が喋るとなんだか相手がそわそわとし始める。近づくとちょっと離れるような気がする。そんな気がしたら、もしかしたらあなたには口臭があるのかもしれません。
口臭は、日本人のうち実に15%の人がもっているもので、そのほとんど人がそのことに自分で気づいていないのです。ですので、自分には口臭があるかもしれない、とまずは疑ってかかるのがいいとも言えます。
その口臭の原因は口臭予防歯磨き粉ではどうにもならないものが多く、いろいろと挙げられますが、だいたい以下に分類されるようです。
1 舌苔が原因
2 緊張などのストレスが原因
3 歯周病によるもの
4 コーヒー、お茶が原因のもの
5 タバコによるもの
6 風邪による免疫力の低下寄るもの
7 胃炎や胃潰瘍などによるもの
それぞれに対処法がありますが、ここでは、1の舌苔による口臭を治す方法をご紹介します。
その方法としては、舌の洗浄が最も効果的です。
やり方としては、
1 まず鏡に自分の舌を確認します。舌を思いきり前に突き出して、白い舌苔がないか見てみましょう。
2 市販の「舌ブラシ」を舌の最も奥に軽くあて、手前に引きます。
  この時、力を入れ過ぎると、舌を傷つけてしまうので要注意です。
  また、吐き気を感じるようであれば、息を数秒間止めながら行うのがよいよです。
3 舌ブラシを出してみて、先に汚れがついてないか確認します。ついているようであれば、舌ブラシを水で洗い、2を行います。
  汚れがついてこなくなるまでこれを行います。
注意としては、一日の舌の洗浄は1回でいいということです。それ以上行うと、舌の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。